Language

繁體中文 / 简体中文 / ENGLISH

お茶についてKnowledge

蔵茶儀式

IMG_7733


「お茶なしの一日よりも三日間肉なしの方がいい」という言がありました。蔵茶は中国茶の代表であり、数千年の歴史を経て、独特の風味と文化的魅力を形成しました。

蔵茶儀式は吃茶三千の特別なイベントです。2000〜2200メートルの高度で梨山ウーロン茶を用い、5種類の焙煎度(軽/軽中/中/中重/重焙煎)を個人的な好みに応じて選びます。厳密な焙煎と品質条件に加えて、保存容器も特に重要です。温度、光、湿度、味を保つために、保存容器は一定の厚さを持つ必要があります。
南投の陶芸のクリエーター劉納采と楊正成を招待し、吃茶三千のお茶用の陶器保存容器を作成してもらいました。それぞれがユニークの手作りです。好みの形で自分の初心を保存することができます。

蔵茶儀式はただ茶葉を保存するのではなく、蔵茶者の心、そして時間とともに色あせない強い情誼も保存されます。蔵茶儀式を終えた後、愛する人にこの貴重な記念を贈ることができます。6年以上経ったらもっと魅力的でとまろやかになります。



 
  • 蔵茶儀式のステップは次のとおり

0190823-什麼是藏茶-小尺02  1. ウーロン茶とあなたの気持ちと一緒に茶容器に入れます。

0190823-什麼是藏茶-小尺03 2.和紙に愛情を込めて、茶容器に入れます。

0190823-什麼是藏茶-小尺04 3.茶容器を密閉し、麻縄と蔵茶カードで結めば完成です。